FC2ブログ
脚フェチの変遷
DVJ00003W.jpg
DVJ00059W.jpg
 わたしが子供のころ「♪惚れた弱みにつけ込んでっエ~」っというくだりの歌がありました。
当時、大ヒットして、巷でもよく耳にした歌謡曲です。男女関係を題材にしたもので、歌うは奥村〇ヨさん。そのとき彼女はティーンエイジのはずにもかかわらず、妙に大人っぽいオネエちゃんでした。
ほかに「♪恋の奴隷になりました~」ってな歌詞の曲もありました。挙句の果てには「♪悪いときは、どうぞブってネぇ~」っとまで。
いやはや、今も昔も、歌の世界だけでなく現実でも恋愛中は相方のいうことをよく聞くものです。
とくにパワーバランスは惚れられるほうが、絶体優位なので、王様ゲームよろしく、惚れているほうの劣位側は優位側の言うことは、なんでも服従という方式が成り立っています。
優位側は圧倒的に男性の場合が多いので、劣位側である女性に出す命令は、きまってエロい行為。到底、人には見せられないことでも、相手に嫌われたくないあまりやってしまいます。
“人には見せられないこと”それは、そうそう。そのとおり!みなさんも考えるようなエッチなことです。
今回、妄想の世界と称して交際中の男女。いや、男男。お互い男を映画風に再現しています。
パワーバランスは男:男でも同じことで、やはり惚れられているほうが断然優位です。 (つづく)
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
 気がつけば、もう三月半ば。ついこのあいだ、お正月だったのにと思うのは、わたしだけでしょうか。そしてなんだか最近、女装界?が、静かだと思うのも、わたしだけでしょうか。
普段からライフワーク、もしくは仕事であるかのように、毎日、々、ご活躍されている方々は別として、みなさんブログ更新や掲示頻度がめっきり減ってきたように思います。
わたしも含めてそうですが、日々、多忙で撮影することすらままならない方は多いのではないでしょうか。とくにこの時期、個人事業主の方はお忙しかったでしょうし(申告ご苦労さまでした)、会社経営の方におかれても年度末ですよね。
もうすぐ、もうそこまで春がきているのでウキウキしそうなものですが、わたしもこの数年、毎年。特に今月からは、2ヶ月ほど憂鬱になります。
ブログにも手が回りません。とは言え、放っておくと、トップの広告バナーの刑に遭いますし、話題が古くなって記事に使えなくなりますので、頑張って更新していこうと思います。
そんなことで、目新しい撮りたてフォトもありませんし、途中で記事が中断することもありますので、よろしくお付き合い下さい。

―まずは最近、ブログ上で感じたことから。
やはり記事。っといっても、内容ではなく、大半がフォトだけだと思いますが、ナマ脚のウケは良くないようですね。
逆に黒パンストさえ穿いていれば、たとえ男であろうが馬であろうが良いという、正真正銘の呪物崇拝のかたが多いことが今般はっきり判ったような気がします。
そこで、そんな方々のウケ狙いに、これからは「パンストを穿きます!」という錯乱妄ではありません。残念でした。
包であるパンストよりも、あくまでも中身の脚に拘る。言い換えるとすると、メイク顔でなくスッピンを元とする。それこそが真の‘美脚’の追求であると考えます。天邪鬼なわたしは、「アンチ・ナマ脚上等!」脱パンスト女装を続けたいと思います。

DVJ00002W.jpg
DVJ00109W.jpg
 前回の「続きを読む」からの引き続きとなります。ずっと以前からですが、さすがに本人さんと並べられません。しかもペニス出し。錯乱妄流なりきり女装です。
このパンツ、フロントは飾りボタンではないものとファスナー(ジッパー)とで、よく出来ています。
普段なら上からポロんと出しますが、今回はあえて、社会の窓(死語?)から、しおらしく「男の証」
完コピではないので衣装には、かなりの違いはあります。スタイルとポージングで近づけてみました。
DVJ00137.jpg
「腕を上げることは、腋がみえること」。頭からすっかり抜けていました。なので、ワキ処理が甘かったのです。そして単に腕を上げてポーズをとるということが難しいということも忘れていました。今後、腋が見えるほど正面向いて腕を上げることは、まずないと思います。

DVJ00085A.jpg
やっぱり‘直立’が一番。グラドル気取りの‘我流ポーズ’はいっぱい‘粗‘が出ます。‘馬’の振り見て、我が振り直せ。調子に乗っているとそれこそ‘馬脚’を現すことになります。

AashiCn5A6XYUsAEQBIb.jpg AashimiwaAshikaga14369043_916826691755558_849295662_n.jpg
前回、引き合いに出した、TV番組の‘カウンターガール’と言われる、賑やかしのお姉さん。このお二人は三代目になります。偶然にもご両人とも‘デニム穿き’。脚が売りのカウンターガールなので、歴代美脚なのですが、左のかたは?ちょと残念。デニムも裾をチョン切っただけと見えて、ポケットの裏地がベロん。もちろんやりっぱなし、出しっぱなしという着こなしもありますが、ダメージでないデニムなので、ここはキチンと処理してもらいたいものです。お顔や脚のお手入れにも雑さが見える彼女です。
反対に右の彼女。同じデニム穿きでありながら、ラフさがないキレカジ。お顔と脚とともにとっても美しくエレガント。さすが武将の末裔。’17のK1ガールズのリーダーでもあります。全てが、どストライク。やはりこんな素敵な女性をお手本にしたいものです。
 あいも変わらず、ひたすら立ち姿を披露する錯乱妄ですが、これでも、進化はしています。
お気づきのかたは少ないでしょうが、ある部分は大きく変化しています。技術的なものですが、あくまでも‘企業秘密’ですし、女装をする目的は、いかに‘純女’に見せるかであって、この部分はネタばらしするつもりはありません。
マンネリなので、ここらで少しハードルを上げてみたいと思います。題して「脱パンスト女装」。
女に見せる唯一のアイテムであるパンストを使わず、逆に男に見えがちなアイテムをあえて使ってみました。
それは‘デニム’。しかもデニムなのでナマ足。きっかけはまたも純女の影響。今回、厚底ハイヒール第三弾ですが、もともとこれが厚底を履きだした、きっかけでもあります。
DVJ00085A.jpg
まず、その純女を再現するのにショーパンのデニム作りから始めました。普段、B面でデニムをけっこう穿くので、着古したものがたくさんあります(もちろんショートでなく普通の長さ)。
その中に色も形も近いものがあったので、思い切って裾をバッサり。案の定、全く同じものが出来上がったのですが、とくにローライズでもなく普通の股上なので、ウエストがヘソの高さまで来ます。なんだか長ズボンをチョン切っただけに見えたので、あわてて却下。でもそれ、もったいないので夏の家穿きにしようと思います。
代わりに仕入れたのがフォトのショーパン。そしてこのデニムに合う履き物として厚底ヒールをチョイスしました。あとはアッパーのヘソ出しカットソー。かなり近い再現ができました。
そして出来上がりを眺めていると浮かんだのが過去にも取り上げた、TVのトーク番組、ア〇ト×デラックスのカウンターガール(過去記事参照)のノリ。なりきり女装の副産物です。
現行3代目なのでパロディ4代目カウンターガール。あくまでも思い込みですが、普通、デニムでショーパンと来たら、ヘタすりゃ「ワイルドだろう~、これでも女装だぜぇ~」になりかねません。
ではほんとは誰になりたかったのか。懲りもせず三度目のチャレンジです。続きを読むでこっそり公開します。

そして、くどいようですが、前回のポールダンスの追記をこちらにします。
Aashipooldance20-360x270.jpg
本物のポールダンサー。けっしてストリッパーのローズさんではありません。


Aashipooldancef81985_tancerka-tancerki-pool-dance-zdjecia.jpg


‘引力’ってことがすっかり抜けていましたね。髪の毛アップで固めるっという手もありますが、それじゃあシンクロになっちゃいますよね。衣裳をデコ水着にしなきゃ。っで、ポール消さなきゃ。
あっ、水の中だ!ヒール脱がねば!マスクどうすんだ。鼻栓!う~む、やっぱりいろいろ無理がある。

DVI00155.jpg
やっぱりいつかは逆さぶら下がり、再現したいですね。アイルビーバック!
続きを読む
 女装初めとして新春らしく、かくし芸と称しポールダンサーの女装をしてみました。そしてポールに絡んで‘技’をきめているところを‘創作’しましたが、上手くいきませんでした。
‘創作’っていうのは単に、あきのフォトを使って‘それらしく’作るのであって、けっして‘実演’するのではありません。ネタばらしすると、実はこのポール自体、床にも天井にも固定していないので、タテにもヨコにも自由自在。伸びきったきんとん棒。ヨコにして掴んだフォトを横にすると「あら、宙に浮いてる」とか、普通にタテで撮ったものをひっくり返すと「わっ、逆さになってる」ってなことにしたかったのですが、やってみると非常に不自然。引力で下へ落ちる(垂れる)べきものが逆を向いているほど不自然なものはありません。髪の毛、スカート。チンコは‘上向き’。「女装で宇宙遊泳」なら、まだなんとか見れたかもしれません。っというわけで、「女装でポールダンス」。企画倒れで、これにて終了です。
年初から、今まで引っ張ってお騒がせしました。ごめんなさい。もう一月、終わりですものね。
DVI00141.jpg

そしてこちらは、旧年から登場している‘ペニスをもった女王’の主人公。今回は男性誌のパロディです。
DVQ00082C.jpg
この男性誌の本物には日本版はありません。そしてポルノ誌、スキンマグではありません。しかし毎号、表紙のエロいこと。
特に韓国版の表紙は脚フェチ本のようにエロいナマ脚だらけ。しかも脚のクォリティーが非常に高いです。
錯乱妄も表紙にイイ脚を見つけると、雑誌の中身なんてどうでもよく、ついつい手を出しちゃいますが、韓国も、どうもそんな男性が多いようです。それを思わせるような記事を見つけたので、フォトをクリックしてみてください。肖像権、著作権が厳しそうなので、ここでの画像紹介は控えます。
雑誌の表紙というのは、もちろん内容に反映したものが一般的ですが、時々の話題の人、場所、モノということもあります。
過去、表紙のパロディはしましたが、今回は表紙ではありません。しかし、しっかり‘時の人’としてなりきってます。以降、お話は続きます。
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 ペニスをもった美脚 all rights reserved.
プロフィール

SAKURANBOO

Author:SAKURANBOO
幼少期から女性の脚をこよなく愛し
時代、々の脚を追い続けてきました。
そして「美しい脚が欲しい」と想い続けて
自分の中に美脚を持つまでになったフェチの変遷です。
ペニスがあるのに女性の脚。
まさにペニスをもった美脚。
フェミニンで大人の脚をどうぞ見てください。

最新記事
アルバム

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

せっかくお申し出いただきましても指向の違うかたやブロとも一覧の表示のないかたは、現在もれなくお断りさせていただいております。 辞退のご通知もできませんので、あらかじめご了承ください。

この人とブロともになる

QRコード

QR