FC2ブログ
脚フェチの変遷
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DVU00051.jpg
 改めまして‘基本形’です。なんか焦らすようですが、もともとフォトは脚がはっきり見えるように、しっかり立ち姿で、正面向きで伸ばしています。今般、苦手が克服出来たということで始めた、黒パンストヒール。加えて自信のない後ろ姿を中心にしています。今一度‘基本形’を見てやってください。
それと黒パンストを強調する意味で、アンバランスな赤いヒールとミニスカを選択しましたが、やはりコーデのセンスとしては、ノーグットです。こういう組み合わせはAVなんかで、よくありますよね。黒パンストに赤や白のハイレグとヒールを合わせたりするものも多く見かけます。いかにもというわざとらしさが、場末のスナックバーのホステスさんの衣装とダブります。或いはそれとは真逆に、少女たち。黒パンストに慣れていない所為か、取って着けたような着かたをよくしています。
錯乱妄も単に見せ方が悪いと思われては不本意です。そこであくまでも脚色のための衣裳合わせではなく、定番も同時に撮影してありますので、先にお見せしておきます。

DVU00150.jpg
 どうでしょう?やはりこちらのほうが、シックりしていませんか?黒パンストが黒ヒールともに一体感があり、より脚が、長くきれいに見えませんか?
しかし何故か赤の方が、ひかがみが、うっすらですが、映り込んでいます。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

DVU00018C.jpg
 その昔、黒パンストに夢中になった時期があります。ちょうどアリス出版のムック本で短冊切り替えのある、オールスルーの黒パンストを見つけたころです。
以前もお話ししたと思いますが、オールスルーというパンストの存在を知った時です。
初めて見た、ランガードのない黒パンストのエロいこと。時期同じくして、エロ漫画で女教師の黒パンストをビリビリに引き裂いてトイレで姦すパンストフェチ劇画の描写がリアルで、それを再現するのに、トイレの汚物入れから集めたうちの黒パンストを穿いてよくオナニーをしました。
強姦趣味は全くなく、レイプものは好きではありませんが、パンストを破る音と、写真のなかのオールスルーのパンストとの相乗効果で、よりリアリティある一人芝居のオナニーが出来たわけです。
ただ、いつものオナニーとは違うところは、鏡を見なかったこと。パンストとヒールを履いた自分の脚を見ながらオナニーをしていましたが、こと、この黒パンストに関しては、一切、鏡を見ませんでした。
つねに鏡の中の‘女’になった自分を見て興奮したのですが、いざ黒パンストを穿いて鏡を見ると‘女’に成れていない。女どころか、そこにはズボンを脱いだサラリーマンが映っている!
当時、普段に白ソックスしか穿かなかった自分は、黒ソックスはオジさんの物という思い込みがあり、黒パンストを穿くことで、脚の欠点が強調されてより男をイメージしてしまい、サラリーマンを連想してしまうわけです。
このことは、純女にも言えます。それはセラー服で膝丈スカートのJ.CやJ,Kなんです。J.CやJ.Kというのは、まずヒールを履きません。足元はローファーかスニーカー。なので膝から下は、男と同じなんです。そこにもってきて黒い靴下がくるとサラリーマンの足元と同じ。
やっぱり連想してしまいます。わたしのニーソ嫌いはここから来ているのかもしれません。
ガーターストッキングも同じく、黒い靴下はわたしのなかではビジネスソックスでしかないのです。
少し話がそれましたが、「男が黒パンストを穿くと、どこまでいっても‘女’にはなれない」今でもそう思っていますが、ここにきて、やっと少しは、‘女’に近づけたかなっという思いで、連載を続けています。そして今回からは、苦手‘だった’後ろ姿もプラスします。
時を経てようやく克服できた気になっています。
DVU00048C.jpg
AoA-index-mina.jpg

  いきなりですがこの画像はホンモノさんです。間違ってもなりすましや、見せかける意図は全くありません。
もちろんお好きなかたならきっと衣装だけで、誰だかお判りでしょうし、いちいちお断りしなくても一目でホンモノと認識されるでしょう。
ご存知ないかたや、拾い画像か本人画像か、まだよくわからないかたのための参考画像であり注釈です。
あつかましくもタダで画像を使わせていただくわけですから、一応、お顔にはボカシを施しています。
前置きはさておき、話題があまりにも古くなりますので、一週間ぶりの更新としては、ふさわしくありませんが記事にします。
画像の彼女たちはA◎A。そう、ちょうど1週間前、わたしは、お忍びでホンモノの彼女たちを見に行ってきました。ホンモノのA◎Aのオープンエアのステージ!!
スゴい!スゴすぎる!かわいい!キレイ!詳細は別に譲りますが、紛いにもこんな素敵なスターの彼女たちの再現をしている(それも女装で)自分自身にもあらためてスゴいことしてるよなーと変に感動してしまいました。
それになにより、自信がついたのが、「♪ミニスカート」の衣装のコピーで来場していたファン達がいたのですが、わたしからすれば、イマイチ。みなさん純女なのに、男のわたしの方が、ここまで出来ているのを連れ合い(純女)に思わずカミングアウトしようかと思ったくらいです。
そんなこんなでA◎Aシリーズ自体はまだ先になりますが、とりあえず「♪ミニスカート」のフォトを貼ります。もちろんニセモノ。
チンコ出す、ホンモノは存在しませんから(笑)
DVAA0056.jpg


そして週末なのでもう一枚。現行の黒パンストヒールの後ろ姿のワンカット。怒涛の後ろ姿の黒パンストヒール、間もなく連載となります。
DVU00030.jpg
DVU00013C.jpg
 予告どおりと言いますか、予定どおりと言いますか、しばらく続く「黒パンストヒール」。興味のないかたには、死ぬほど退屈かもしれません。しかし、約一名のかた(笑)のように情熱的フェチのかたもいらっしゃいます。みんながみんなにそれぞれのフェチがあるでしょうが、それぞれに対応することは、やはり無理があると思います。それに人それぞれのフェチの‘キャリア’というか、‘フェチ歴’というのもあるかと思います。フェチになった始まりがあり、時が流れて興味や嗜好の変化で、違うもののフェチになって、先のフェチは終わりということもあるのではないでしょうか。
それぞれのフェチに対応はできないですが、今回はパンストとは逆にナマ脚のことも話題にしたいと思います。

AAshi308f62a4.jpg
ナマ脚フェチのかたには垂涎の画像ではないでしょうか。実際わたしは書店の店頭で、ひと目で欲しい!って思いました。先月、婦人誌の表紙を飾った乃木◎46の女の子たち。こんなにも美しいナマ脚と足指までを五人前いっぺんに頂けるなんて、なんたる幸せ!去年に引き続き(過去記事)ここの編集部に感謝です。この雑誌はよく脚を話題にして、その都度、目をひく脚画像を表紙にしてくれます。
冒頭のお話しとは逆になりますが、ナマ脚に興味のないかたには、退屈でしょう。わたしも、元々ナマ脚には全く興味がありませんでした。パンスト脚でないと興奮しない。同じ脚なのに、パンストを穿いているか穿いていないかで、こうも違うなんて、今から考えると、おかしな話です。じゃあいつから‘垣根’がなくなったのでしょう?次回に続きます。
そして平凡すぎて苦情が来そうなので、フォトをもう一枚(あんまり変わんねえか)。週末ですしね。今日もウイークデイのかたはご苦労さま。
DVU00017C.jpg
DVU00014C.jpg
 その昔、おそらくフェチの巨匠ラッシャーみよし御大が火付け役だったと思われる、空前の脚フェチブーム。脚に付随するものすべてが、フェチとして取りざたされ、その代表としてパンストとハイヒールが題材の写真集やムック本、アダルトビデオが世の中に溢れていました。
わたしも当時、それらを買い漁りましたが、‘ホンモノ’と思える物の少なかったこと。今でもはっきり記憶しています。
流行に便乗すれば、中身が希薄であっても売れるだろうと、安直な考えで制作されたであろう、それらのものからは、フェチのフェの字も感じ取れない‘ニセモノ’が大半でした。間違いなく企画、制作側にフェチ心をもった者が一人もいなかったことが覗えます。
それが時代が変わった今でも同じことが言えるのではないでしょうか。パンストやハイヒール、或いは脚フェチをキーワードとしている‘エセ’フェチのサイトやブログがあまりにも氾濫しているように思います。こちらからすれば、全てお見通し。自称であっても筋金入りのフェチのわたしからすれば明らかに情熱のレベルが違います。って偉そうに吹聴したのは訳があります。
今回、三年目の挑戦として、別ブログにまでして進行しようと思った「黒パンスト」。いつものタツヤさん筆頭にお好きなかたの多さ(独自分析)に取り上げようと奮起しました。
先日の黒パンストのA◎AもS2シリーズもその一環です。「黒パンスト」をキーワードに客寄せパンダにしたくはないのですが、あえて前面に出したいと思います。それは「黒パンスト」の穿きこなしが、やっと自分の中で納得できるレベルなったからなんです。暗にウケ狙いではありません。
それと今までより一層、ヒールにも拘りました。同じものの使い回しはしたくないので今回5足、新調しました。やっぱり正真正銘のヒールフェチですから。ねっ、情熱的でしょう。っということで、「黒パンストヒール」始めたいと思います。
※注:今回、黒パンストにかなり入れ込んでいます。黒パンストが飽きるかも、って思われるくらい続きます。他も交えますが、悪しからず。
DVU00122C.jpg
 プロフィールのフォトを変えたことを、お気づきになりました?この画像からは、小さすぎて全くご理解いただけないかもしれませんが、有名な写真家の作品のような、洒落っぽいモダンなフォトにして、S2シリーズで展開させようと考えました。分厚いヌード写真集にあるようなノリです。
ここでは身に着けるものは、最小限なので、まさに生身で勝負。これなら服しか変わらない着せ替え女装とは一線を画せると思いました。
いずれ何点か、お披露目しようと思いますが、なにぶん全裸に近い状態です。まだ納得できるフォトは極めて少なく、二周年記念作品と銘打てるレベルではありません。
今回は撮影できるタイミングも逸しましたし、次回の予定もたっていません。
そんなことでS2シリーズは、スタート出来ず、ほんとうに「I'll be back」ということになりました。
必ず新しくして‘帰って’きますので、しばらくお待ちください。
さて、今回も番外編の続きです。いよいよ鈴木くんから受け取った‘願望’が展開されていきます。このフォトとは撮影したタイミングが違うので、多少の違和感があるかもしれません。ただし今回もお断りしておきます。
ウエストを縮めたり、脚を細く切り取ったり、陰影

を付けたりの
画像処理=偽造は一切していませ

ん。


そして週末なのでもう一枚。やっぱり「さりげなく、よりおもむろに」 ホントは男なんですから。

でも、出せばしっかりどうっだぁ!


DVU00129C.jpg
DVU00124C.jpg
 三年目をスタートするにあたって、まだ寒いころから、なにをしようかとあれこれ思案しました。同じことを続けても能がない、さしずめ衣装が変わるくらいで、景色が変わるわけでもないし、立ち姿も基本。動かしようがありません。では、着るものをとっかえひっかえ、あれこれ変えたり、背景を合成でもして、毎回変化をもたせてみようか?いや待てよ、服が見たい人っているのかな?風景を見たい人っているのかな?やっぱりどこまでいっても‘本人’だよな。如何に純女に見えるか。見せられるか。これがあくまでも基本。っというところから始めたのが‘肉体改造’です。
物には経年劣化があるように人間の肉体も衰えます。高齢になればなるほどなおさらで、若い頃のようにはいきませんし肌の老化は否めませんが、明らかにボディラインは変化してきました。
女教師ものが好きで、なりきをはじめたのが、ちょうど一年前。あれから一年経ったこのフォトのほうが若返えっています。
撮影のタイミングこそ若干違いますが、「男でもここまで出来る」ことをこれより先のフォトでより感じられることでしょう。どうぞご期待ください。
そして、これも同じく先日、「S2」と銘打って予告篇風に使ったフォトが一年前のものです。今では、駄作にすら見えます。
「アート」と言えば、全く芸術性がないのにもかかわらず、さも高尚なことをしてますかのように使う御仁と一緒にされたくはないのですが、S2のフォトのようなそれこそ「アーティスティック」な作品をシリーズにしようと考えていました。(次回につづく)

DVU00119C.jpg
 錯乱妄は、感動しました。「サイトの扉を開ける瞬間」。こんなふうに期待をもって、きっとドキドキしながら、わたしのブログを見に来てくださって必ず、確実に的確にコメントを寄せてくださる、そう、いつものタツヤさん。
ホントにこんなふうに楽しみにして下さる、そして解ってくださるかたがいらして下さるので、俄然やる気になります。
もっといいフォトを撮ろう、もっと興奮できるポーズや、そそる衣装を用意しよう。記事も大人の話をしよう。そう思いながら実際は独りよがり?ワンパターン。と思うことも多々ありますが、ここまで続けられたのもタツヤさんのおかげです。
いつもよく‘勉強’されているので、わたしの考えもお見通しのようで、ドキッとすることさえあります。
そして月もかわってフルオープンから二周年を迎えることもできました。ほんとうにいつもありがとうございます。
二年の節目にあたりコメント欄ではなく、あえて記事にさせてもらいました。なお且つこれを機に今回から、スペシャルゲストとして、タツヤさんに登場していただきます。
登場といってもあくまでも、ラカール学園の生徒さん。淫乱女装教師の番外編です。他の話題ももちろん交えますが、この番外編、しばらく続けそうです。私自身があきあきするまで続けまっせー!
では、番外編第一回目。「鈴木くん、おはよう」からスタートです。びっくりしました?タツヤさん。錯乱妄からのささやかなお礼です。
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 ペニスをもった美脚 all rights reserved.
プロフィール

SAKURANBOO

Author:SAKURANBOO
幼少期から女性の脚をこよなく愛し
時代、々の脚を追い続けてきました。
そして「美しい脚が欲しい」と想い続けて
自分の中に美脚を持つまでになったフェチの変遷です。
ペニスがあるのに女性の脚。
まさにペニスをもった美脚。
フェミニンで大人の脚をどうぞ見てください。

最新記事
アルバム

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

せっかくお申し出いただきましても指向の違うかたやブロとも一覧の表示のないかたは、現在もれなくお断りさせていただいております。 辞退のご通知もできませんので、あらかじめご了承ください。

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。