FC2ブログ
脚フェチの変遷
DVU01121C.jpg
 前回のフォトよりも何枚か前に撮ったものなので、‘絵’的にはほとんど変わりはしていません。ただこちらの方が、直穿き黒パンスト‘下向けペニス’としては完成度が高いですし、より女性らしさが再現できていると思います。それとタツヤさんのコメントにお応えするのに最適かと思います。ペニスが上を向いていようが、下を向いていようが、パンストに阻まれて丸ごと口に含めないと思います。パンスト越しに女性器を舐めるのと同じように直に舌で味わえないじれったさが、より興奮するのかもしれません。とりあえずパックりしてみたいと思いませんか?
ところで外国人はパンストを穿くときには、ほぼノーパンのようですね。それはショーツを着けなくていいように海外物はクロッチがコットンになっているものが多いことでも分かります。
日本では、夏場にパンストを穿けるように爪先メッシュや5本指。爪先カットするものまで出すわりには、ノーショーツで穿けるものを普及させないのが不思議です。
もしスカートが捲れ上がると、男性ならフォトのようにいきなりペニスが見えますが、女性ならさしずめ陰毛が見えるくらいです。陰毛が見えてマズいのなら、その部分だけ加工すれば済むと思うのですが、どうなんでしょうね。

DVT00088.jpg
そして今回も涼しげなフォトを一枚。こちらも前回と同じく、ちょうど一年前のものです。やはり夏場の足元はオープントゥかサンダルですね。では、パンプスではトップのルブ〇ンはどうでしょう。華奢なヒールを好むセレブたちのためにしっかり用意されています。
AHighHillCL0235.jpg
必要最小限にされた細いストラップがパンプスと違うだけで、ペラッペラのソールと極細のヒールは変わりません。
実は去年(過去記事)ソルドアウトで手に入れ損ねたのがこれと同じデザインのパチモンのホワイトです。デザイン的に特別でなくオーソドックスなのですが、他で似たようなものも目にしません。今度は見つければすぐにゲットしようと思っているのですが、お目に掛かれません。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
DVU01123C.jpg
 タツヤさんからコメント頂きましたが、ホント暑い日が続きますね。暑いので、みなさんフォトのようにチンコもダラ~っとしていませんか。
錯乱妄は、いたって元気にさせていただいておりまして、不思議と夏場でも、毎日食欲もあり、フォトとは逆にチンコもビンビンに元気です。
そして、画像掲示板友達のMYさんからもコメントを頂戴しましたので、今回はアンサーバック的な記事にさせてもらいます。
パンスト直穿き。正にピッタり?のフォトを選んでみました。パンストフェチのかたなら、もれなくお好きでしょう。ただ、ちょっと普通と違うのは、チンコがあって(笑)、そのチンコが下を向いているということです。
このフォトのチンコの状態は最近の流れでチンコを後ろに回していたからだと分かっていただけると思いますが、やっぱり普通通りに上向けのほうがいいですか?わたしは何気にエロいと思うのですが如何でしょう。

下向け直穿きで思い出したのがこちらのフォト。
DVT00199.jpg
ちょうど去年の今頃のものです。しっかりチンコも下向け。夏向けっぽくて、オープントゥのヒールも涼しげでしょ?しかもペブラムのスカートはMYさんの大好物。ちょうど夏らしいフォトも探していたので、ピッタリの一枚だと思います。(つづく)
Aashigazou1962.jpg
 雰囲気が似ていますが、つい先達て記事にした婦人誌の表紙のナマ脚の娘たちではないんですよ。
おそらくけっして美脚とは言えないような、ごく一般的な日本女子の大根足に見えているはずです。では、表紙の乃〇坂46の美脚となにが違うのでしょう。答えは簡単。かかとを上げているかそうでないかです。この画像の彼女たちもAV女優だけあって、みなさんそれぞれおきれいです。なのにこうしてベタ足ではどうしても短足に見えてしまいます。比較画像はありませんが、乃〇坂の娘たちのようにかかとを上げるだけで、表紙を飾れるくらいに美しく見えるはずです。
もうお分かりですね。これがヒール効果。ヒールが高ければ高いほど、足の甲を持ち上げて、脚が長く見えてきれいに見えるわけです。
彼女たちもルブ〇ンを履くと、前回のスーパートップモデルとまではいきませんが、乃〇坂の娘たちを超えるほどのレベルアップになるかもしれません。
あきもしっかりパチモン履いて、目指せミラ〇ダ脚!なりきりミラ〇ダです。
DVB00099B.jpg
 ヒール効果が分かりやすいようなフォトを選びましたが、やはり陰になって大事な足指の付け根がよく見えません。陰毛もスネ毛も除毛処理から少し日数も経ち、ポチポチっとなりだしています。悪しからず。それと実際、フォトではどうか撮影してみなければわかりませんが、クビレが進行しています。先日、新たに購入したハイレグを久々に着てみると、自分でも驚くくらいに見た目が違います。キャー!どうしよう。B面で海パン穿いて泳ぎに行けない!おかしな悩みです。
DVU00070C.jpg
こんな貧相なおしりでも見たいという、奇特なかたが約一名いらっしゃいますので黒パンストヒールを再開します。このヒールもしっかりパチモン。
画像はしっかりホンモノです。
AHighHillCL8709.jpg
AashiCandice-9576.jpgAashimiranda1439.jpg
 まさか、あきの脚と見間違うかたはいらっしゃらないでしょうが、念のため参考画像と注釈を入れました。
なんともきれいな脚だと思いませんか?以前から、話題にすることのある、白人のなかでは好きな脚の持ち主、トップモデルのミランダちゃんです。
右の画像はステージ上で撮影されたものですが、バックのスクリーンに投影されたスライド写真が脚にかかり、少し歪に見えるかもしれません。…そのことが影響しているというのではありません。実は左の画像は別人なんです。一周年記念作品のときに触れた、キャンディスちゃんです。
さすがにミランダちゃんの後継と言われるだけあって、そっくりの美脚です。
ただ今回はこのおふたかたの美脚ではなく、見ていただきたいのが足元です。やはり、しっかりルブ〇ン。前回に続きハイヒールのお話しです。

DVU00167.jpg
 おふたかたの美脚には到底かなわないので、いつもの正面立ち姿は、とても並べられません。こっそり横向きです。ペニスもこっそり出していますが、ヒールがよく見えるので、このフォトを選択しました。これならガラケーでも見えるかな?タツヤさん。

AHighHillCL2296.jpg  これがホンモノのルブ〇ンなんですが、前回記事のエロティックなハイヒールの条件を全て満たしています。
トレードマークの赤いソールはあえて選択していませんが、条件が全て整っているので、大変満足のいく一足になりました。
実は一周年記念で履いていたのもルブ〇ンの‘そっくりさん’なのですがカットが並のパンプスレベルなので美しくありませんでした。アッパーに関してはルブ〇ンよりも1センチも深く、騙された感もあって、あれから履くことはありません。



AHighHillCL3954.jpg モノは‘そっくりさん’ なので「騙された」というのは、当てはまらないと思われるかもしれません。
実際、普通のかたならこの商品を購入しても「騙された」という感覚はもたないでしょう。
しかし、本当に‘詐欺’商法。右の画像(実物)で注文をとるものでしたが、これはしっかりホンモノです。
ホンモノの画像で、釣っておいて‘そっくり’にもならない粗悪品を売りつけるのは立派な詐欺だと思います。
日々、ヒールに執着する真正のヒールフェチに「ニセモノ」の‘ニセモノ’を見破ることは難しいことではありません。

DVV00009R.jpg  こちらがその「ニセモノ」の‘ニセモノ’。
たかが1センチ。されど1センチ。アッパーが1センチ長いだけで、こんなに見え方が違います。
足の甲の露出の少ない分だけ、脚が短く見えるのは、フォトでお判りかと思います。
ここで戻って先のおふたりの足の甲をご覧ください。
足の指の付け根が見えるほど足の甲が伸びて脚長効果です。
もともと長い脚がよりいっそう長く見えるし、露出度も高いほどセクシーです。
今やこのパンプスはダサすぎて使えません。二度と履かないので、お見納めです。
(つづく)
AAshiHighhilmodel328.jpg わたしは、この画像が大好きで、この画像だけで十分抜けます。それほどこの画像のエロいこと。
確かに脚フェチに脚自体は不可欠ですが、それよりなによりこのハイヒール。いいヒールの条件をすべて備える、まさに世界一にエロティックなハイヒールです。
では、わたしのような脚フェチ、ヒールフェチが納得する、いいハイヒールの条件とはなんでしょう。
・ヒールが高い
・ヒールが細い
・先が尖っている
・アッパーが浅い
・サイドが浅い
・ソールが薄い
総じて単にポインテッドトゥのピンヒールということなのですが、これらを満たすハイヒールはやはりルブ〇ンにほかなりません。すべてにおいて美しい。パンプスにおいて足を究極まで露出するデザインは、足指の付け根までをエロティックに晒します。
足の甲が広く出ることで結果、脚が長く見える。もちろん自足歩行できる限界まえまでの高いヒールが足の甲を立てるので、いっそう長く見せていることはいうまでもありません。
このことはわたしが思っているだけでなく、おそらく世界中で認識されている事実だと思います。なぜなら世界中のセレブたちが愛用し、日本の芸能界でもいい女は間違いなく足元はルブ〇ンです。そしてアートと呼ばれるような芸術的なフォトグラフに登場するエロティックなハイヒールのほとんどがルブ〇ン。ソールはペラペラなので、全く以って実用的ではありません。お外ではまず履けないそれは、屋内専用といわざるを得ません。しかしこんなハイヒールに新卒初任給に近い大枚はたいて買う人が山ほどいるわけですから、やはりそれだけ魅力があるという事実です。
確かに実用的ではありませんが、脚がきれいに見えて、ルブ〇ンを履くのはいい女ばかりなので、ずっと欲しいと思い続けました。
しかしお高い。でも欲しい。しばらく悶々としていました。
DVU00145CC.jpg
ということで、お解りになりました?前回の問題の答えはヒールです。ヒールが変わっています。タツヤさんもコメントにヒールというワードを出されていたのですが、‘変わってる’というお答えではないので、不正解です。なにより前回フォトでウエストのクビレを見逃しているので、罰として、焦らしの刑で、黒パンストの生尻連載は少しお預けです。ただヒールに関しては、フォトからは、ガラケーでは見分けが付きにくいのも無理がありません。
また時々、問題を出してみたいと思います。アハッ体験できるかもしれませよ。

ブランドの刻印こそありませんが、スーパーコピーによって足指の付け根の露出まで忠実に再現できました。(フォトでは陰になって見え辛い)
DVB00081C.jpg



DVB00091C.jpg
Aashinatuki2482.jpg  映画紹介のイベントで全身金粉塗りで、お顔が誰だかわからないくらいなのですが、肖像権は侵害したくはありませんので、一応ボカシを入れた、この方。今話題の夏生ねえさんです。何故話題になっているのかと言えば、五十が来ると言うのに、この脚と、このボディ!わたしのような脚フェチでなくしても注目するはずです。
直近の適当な画像がなかったので、去年の秋ごろのものをうpしましたが、本日、週一レギュラーのテレビ番組で 、これくらいの超ミニのボディコンで脚をじっくり見ることができました。前に出てきて見せびらかす立ち回りは、高慢に見えましたが、五十にしてのこの脚に、その行為にはまったく納得がいきます。「どう?この身体。この美脚。わたしを超える50はいないでしょ!」こんんなセリフを吐いたとしても、全くその通りと言えます。
Aashibodysumpl1573.jpg そして、この方。肩書きは主婦だったと思うのですが、しきりにオンエアされるテレビのワンシーン。
ボディメイクジム?というのでしょうか痩身出来たライ〇ップのTVCMに出演の何人かの中のお一人です。おデブの時には、しょんぼり塞ぎがち。しかし成功して、このポーズ。こちらも「どうだ!」っという感じです。無理もありません。‘使用前’と比べると全くの別人。年齢だってずっと若くなってます。もちろんCMの他の方も大変身していますね。
でもやはりここまで来るのに、並の努力では出来ないと、ここを知る友人から聞いています。
コメントに‘努力の賜物’というお言葉を頂戴しました。まさにこのお二人に当てはまることだと思いました。岡本さんはタレントといえども孫がいてもおかしくない年齢ですし、大病も患ったようです。
近年のデジタル技術でアラがより鮮明になるテレビからは、彼女よりもずっと若いタレントさんの劣化が映し出されています。なかでも同じ元レースクィーンの飯〇直子さんの脚の劣化には愕然としました。特に膝は加齢とともに皮膚がたるむため、醜くなります。見られないので、よく旧アイドルたちがミニスカを穿きながらもニーハイブーツで隠していますよね。ナマ脚なんてもっての外。しかし岡本さんは、レースクィーン時代からナマ脚で、今でもとっても美しい。
この違いはなんなんでしょう?いずれにしてもきっと人一倍、二倍の努力をしているからなのでしょう。

ここまでの努力とはいいませんが、理想の純女の‘カラダ’がほしいと、全くの努力もせずにアイコラや画像偽造をして、見る人を欺く方ってどういう心境なんでしょう。騙されたままリスペクトしている女装子さんは、しっかり偽造を継承しています。
人前に顔を晒すのならば、ウエストを圧縮したり脚を細く切り取るまえに、まずはライ〇ップさんでも行って出ぱった腹と膨らんだ顔を標準にしてから考え直しても遅くはないのでしょうか。
女装子の誰だって純女のボディは手に入れたいもの。努力なくして何も手に入りません。
わたしは‘毒づく’ところだけはきっちり継承させてもらいます。〇¬ペコリ

 新たなパロディ「レディボーイジャパンコンテスト」です。前回の問題の正解が見えています。
DVB00044C.jpg
DVT00090C.jpg
 少しイメージとは違うかもしれませんが、リクエスト(ご要望)にお応えしようと引っ張り出した、ちょうど一年前の黒パンストのフォトです。
リクエストには、その都度リアルタイムでお応えできればよいのですが、如何せん、なかなか撮影できるタイミングがありません。
せっかくのご要望なので、記憶をたどると、一年前のこのフォトです。このフォトも微小説で使う予定だったカットです。
今からまた微小説を始めようと思うと、これらのフォトを使うことになります。自ずと一年前のもの。年齢からすると普通、一年前と今を比べると、身体は間違えなく劣化しているものです。
下のフォトが期近のものです。

DVU00179.jpg
一年前と似たポーズを持ってきましたが、どうでしょう。白衣もないし、同じ黒でもパンストも違うものなので比較が、し辛いかもしれませんが、劣化どころか、逆に蘇った気がします。
このことは撮り溜めた(といっても少数)フォトを見るとよりハッキり確認できます。依って一年前のフォトが使えない、困った現象です。
しかしよくよく考えると、一年前との変化がわかるので、使用前、使用後のライ〇ップさんのCMのように一年前のフォトも積極的に使おうかとも思います。
さて、ここで問題です。同じくこの二枚のフォトですが、脚を魅せるのにちょっとした違いがあります。チンコの勃起度やポーズではありません。パンストも関係しません。どこだと思います?
お答え含め、後日記事にします。
問題には関係ありませんが下のフォト、射精しすぎと、体調がよくなかったのも含めチンコは全く元気ありません。念のため。
DVU00139C.jpg
 マンネリには変わりませんが、最近の黒パンストヒールからナマ脚ヒールとしました。
字幕では、もう、しばらくパンストを穿かないようなセリフですが、コメントにお応えするような記事にしたいと思いますので、今回はこのとおりです。
パンストフェチのお二人から、反対にあいそうですが、すぐに黒パンストヒールにもどしますので、ご安心を^^
何度もお伝えしていますが、今でも続ける‘肉体改造’によって、自覚できる変化が確信できるくらいになってきています。
脚を中心に始めてクビレに移行していますが、自分では鏡に映る前姿による変化しか分かりませんでした。ところが気付くとO脚を矯正することで後ろ姿も自ずと変化していってます。
タツヤさんからのコメントのお言葉のように、まるでなかったひかがみも覗いています。ナマ脚のほうがより判りよいですし、たしかに今日から7月ということで、夏っぽい装いにしました。
コメントいただいたMYさんも、ヒールに対するの拘りと、その所有数からして、上辺だけでない真正のヒールフェチだと推測できます。
そして確かに数多い衣装に応じて、色だけでなく、それぞれヒールをチョイスされているようです。
ここでわたしの場合は、ヒールが先に来ます。ヒールがあって、それぞれのヒールに合わせて服を選ぶ感じです。
今回も、憧れのルブ〇ンにしては、珍しく夏らしいパステルカラーのオープントゥに、これまたわたしにしては珍しいチェックのスカートを合わせました。
AHihighHillCL3512.jpg  ってか左の画像がホンモノのルブ〇ンで、あきのフォトは模倣品です(汗
今回、大人買のうちの一足ですが、色こそ若干の違いはあれど完成度の非常に高いルブ〇ンのスーパーコピーです。
偽造(女装)子を含め、偽造大国と、こき下ろしましたが、流石に、ニセモノでもルブ〇ンのデザインにはかないません。
しかもホンモノだと5足も買うと部課長クラスの月給くらいになっちゃいます。なのでなんちゃってルブ〇ン
ソールこそ赤は選択しませんでしたが、まるっきり気に入ってます。
だってルブタンほど脚をキレイに魅せるヒールは存在しませんから。
コピー天国、中〇バンザイ(爆






パンストも穿いていないし、おとなし目のフォトが続いていますので、夏のエロい装い。これでお二方にはご勘弁を。
いつもコメントをお寄せ下さってありがとうございます。
DVU00145C.jpg
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 ペニスをもった美脚 all rights reserved.
プロフィール

SAKURANBOO

Author:SAKURANBOO
幼少期から女性の脚をこよなく愛し
時代、々の脚を追い続けてきました。
そして「美しい脚が欲しい」と想い続けて
自分の中に美脚を持つまでになったフェチの変遷です。
ペニスがあるのに女性の脚。
まさにペニスをもった美脚。
フェミニンで大人の脚をどうぞ見てください。

最新記事
アルバム

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

せっかくお申し出いただきましても指向の違うかたやブロとも一覧の表示のないかたは、現在もれなくお断りさせていただいております。 辞退のご通知もできませんので、あらかじめご了承ください。

この人とブロともになる

QRコード

QR