FC2ブログ
脚フェチの変遷
 今回も「後ろ姿を極める」なんですが、きちんとスカート穿いたのもありますが、ちょっとエッチなバージョンから。
後ろ姿というのものは普段からの‘素’の状態でも難しいんですよ。立っても座っても、歩いても。
なぜか?それは自分で自分の後ろ姿を見れないからなんです。鏡でも一枚なら、なかなか見えないですし、仮に映った姿を見たところで上体が捻られているので、自然な姿勢ではありません。どんなにおしゃれな純女さんでも自身の後ろ姿を気にして日々、姿見を見ている人もそういないと思います。
さしずめ、合わせ鏡で後頭部のヘアスタイルをチェックするくらいでしょう。上体が傾いていても直せないし、お尻が垂れていても永遠気がつきません。お家の中でもブティックのフィッティングルームでも二枚の鏡を備えているところは、そうありません。
普段から‘素’の自分さえチェックできず、悪いところも自分自身で直せないところをただ(正面)でも‘女’に見せるのが難しいのに後ろ姿が簡単なわけがない。
わたしは撮影時、ほぼカメラのレンズを見ずに姿見を見てシャッターを切ります。なので偶然性のベストショットを求めて何枚も撮影する必要がないのです。
このことは室内撮影の最重要ポイントでもあります。お外で鏡を使うことはまず無理です。
DVA00109.jpg
フォトは肛門まわりの陰毛の処理が甘いので、黒く見えてます。見えるんですよ!

ということで、後ろ姿の撮影時には、鏡を見ながらのチェックは不可能なので、それこそ出たとこ勝負。偶然性は嫌ですが、こと後ろ姿となると、致し方ありません。
ただし、わたしは以前から冒頭でお話ししたように二枚の鏡を使って自分の後ろ姿を見ています。そこにはいつも‘素’の自分ではなく必ず‘女’が立っています。
こんなことやっている女装子さんもそういないと思いますが、鏡に鏡を映して見るとホントに自分じゃないように錯覚するので、ドキっとします。
自分以外、誰もいないと分かっていても、知らない人間がすぐ側に居るようで怖いくらいです。
やはり日常自分の後ろ姿は見ていないからでしょう。ましてや女の恰好なのですから。

やっぱり後から犯したい。こんな妄想も膨らみます。(少し過去画から)
DVU00192C.jpg
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

AashiSRC20140719134831d10.jpg 国民的人気アイドルグループと言われるほどのA●B48。今や押すも押されぬトップ中のトップの人気のようですが、この構成メンバーの中から、さらにトップを選出する「総〇挙」とやらの行事が先週末ありましたがみなさんご覧になりました?
ってこんな周知の事実のようなことを改めて説いたりする錯乱妄は遅れていて、もうすでに世間の常識と化しているのかもしれません。

以前にも触れたかもしれませんが、つい最近までわたしには全く興味のない存在でした。それはやはり性の対象として見ていなかったのが一番。
単なる少女の集まりとしか見ていませんでした。
しかしその彼女たちのなかから‘いい脚’を見つけるといっぺんに見る目が変わります。
なかでもグループ中一番のお気に入りの脚の持ち主が、画像の彼女です。今回の選出もダントツでトップとなった彼女ですが、わたしのなかでは脚もトップ。今ではお顔も大好きです。
かなり前にも後ろ姿の拾い画像を貼りましたが、今回は彼女には珍しい、黒ストの後ろ姿。しかもしっかりピンヒール。
ひかがみは、まあまあですが、ここまで黒ストが似合うほど。やはりかなりの美脚です。

彼女は三回目のトップ当選となりますが投票という形での人気のランキング。一度くらいならマグレってなことも言われかねませんが、三回ともなると確実に実力。しかも一位と二位以下との得票数の大差が人気の高さを痛感させます。

さて、人気ランキングということでおはなししますが、当ブログも先週16日に初めて200番台となりました。FC2ブロガーさんなら、何のことかまったくお解りかと思いますが、当ブログはアダルトブログに属し、ジャンルはフェチ部門となります。
アダルトでは約17万人中、2556位。フェチでは約9千人中の269位ということで、だいたい日々300位台をウロウロしています。三年目にしてやっとという感じですが、街宣活動(画像掲示板投稿)やブロともさんの少なさ。リンク、動画掲載も全くなし。他人の拾い画像もごくごく少数…。等からすると、まあまあの順位ではないかと考えます。
しかし順位にしては少ないのが、毎日のアクセス数。右側にあるアクセスカウンターからすると、そんな順位にはとんでも届かないほどの少なさです。
なのに毎日アクセス数平均3百の諸先輩方と抜きつ抜かれつの順位なので、アクセスカウンターが正常に機能していないとしか考えられません。
以前、一日まったく動かなかったことも何回かあるし、非公開時はカウンターは動かないので、トータルもまったく信用できません。
いずれにしても現状はまあまでも、100位内にいなければ、本来ブログとしての価値はないと思っています。
人気のないブログをいつまでもだらだら続けることにも価値はありません。そろそろ見直す時期かもしれません。
ということで、サ〇シーも後ろ姿。記事上では前向きに「後ろ姿を極める」とでもいきましょうか。
DVD1041.jpg


過去画のCAからも一枚。後ろ姿のほうが、押し倒せそうでしょ?
DVF00030.jpg
スカートのスリットがセンターでなかったのでお蔵入りとなっていました。
DVO3009.jpg
 黒ストを極めるで穿いた四枚のうち、一番気に入ったということで、きのう応用編を貼りつけましたが、ごめんなさい間違ってました。黒スト違いです。きのうのフォトは少し前から穿いている、キャロンでした。改めまして、今回のこちらが、現在マイベストの黒パンスト。

そしてこちらが、「黒ストを極める」のきっかけになった、女優さんの極上黒スト脚画像。
AH6d2ff7945aef03573b7e5c3bfcea229eC.jpg
普段、いくらわかりきっていても、あき以外の画像を貼るときには明確に区別するために、サムネイルにしたり画像自体を小さ目にしています。それでもまだ、紛らわしいときなどは参考画像と明記する場合もあります。
今回、画像を縮小しなかったのは、この美脚に張りつく黒ストの質感と、サイドスリットから僅かに覗くランガード。下腹部を這う、センターシームをご覧いただきたかったからです。それにウエスト部分をよーく見てください、パンストのバンド部分が見えませんか?
そしてここからは脚フェチ、ストフェチさんには全く無用でしょうが、たわわな胸のバストラインと表現は古いですが、白魚のように細くて長い指。美白でべっぴんのお顔はボカシでわかりませんが、髪もしなやか。なんかいい匂いがしそうです。
建物のエントランスで撮られた、たわいもない一枚。しかも彼女の右肩にガラス扉の端が写り込むほど、写真としては程度の低いワンカットですが、わたしにとっては、これほどフェティッシュな情報が詰まった高度な一枚は他にありません。
画像は縮小すればするほど、荒れてしまいます。実際、あきのフォトもいつも半分近く縮小しているので、細かいところは潰れています。
 前回のAV女優さん演ずるCAの黒ストの群れはいかがでした?もともと比較的脚のきれいなみなさんですが、いざ黒ストを纏うと、いきなりレベルダウンします。それほど純女でも黒ストを穿きこなすのは難しいということです。
また後日、それぞれの女優さんのナマ脚、もしくはナチュスト脚姿の画像を持ってきて黒スト穿きとの違いを検証してみたいと思います。
ニセモノでもたくさんのCAの黒ストを眺めていると、自分もまたCAになってみたくなりました。
今すぐには出来ないので、過去画になりますが、引っ張り出しました仮面のCA。もちろん未公開分です。またいずれリニューアルしたいと思います。
DVF00021.jpg
この黒ストはテリもあり、悪くはありませんが、丈が長いので気を付けて穿かないと、特に太ももにムラの層が出来てしまうものでした。
普段の直立不動のポーズに変えて、ご覧のとおり歩く姿で、‘動き’を表現したものです。今見ると、脚のコンディションはあまりよくないです。

‘動き’ということで、新たに選んだ黒ストで、社長室のOLです。ミニスカ穿きなんかで見るわざとらしいポーズですが、ほんとにペンを落としたことから、一枚。後にも先にも、ペン拾いはこれワンカットのみです。
DVO2015.jpg
ヒラ制服OLが社長室に就くお話し。制服からコンサバ系でキャリアっぽく。なんといっても黒ストにはタイトスカートでしょう!このほうがAVのCAに近いですね。やっぱりフロントスリットはエロい。
 黒ストを極めるということで、パターンの違う黒ストを穿き比べてきました。今回は最後の四つ目ですが、このブログでの黒ストでは七つ目となります。
最後に一番気に入ったものを持ってきましたが、この黒ストは、手持ちのパンスト全体で見ても他とは群をぬいています。
黒ストでのこのパフォーマンスは、おそらく他のカラーでも反映されていると思われますので、いずれ色比べをしていこうと考えます。
いまのところトータルで見て最高点。しかし前もってお断りしておきますが、あくまでも個人的見解。穿く人によって、それぞれの感じ方が違うでしょうし、脚の形や太さと長さにバランス。肌質、肌の色によっても全く違う見え方になります。
これらの部分が特に顕著なのが、やはり黒スト。黒の色の濃淡。糸の材質や照り具合は、わたしひとりが穿いても、それぞれ表情が違います。
しめくくりには、今回私が穿いた黒ストたちを並べて、比べてみようと思いますが、実際、純女さんが黒ストを穿くとどう見えるでしょう。同じものでも違って見えませんか。
たくさんの黒スト脚を探すならCAさんですね。本職さんでの画像はいいのがないので、死ぬほど好きなTOKYO-HOTさんの拾い画像です。
Aashithca1012.jpg
自然な立ち姿ですが、みなさんO脚ぎみ。靴も揃って、同じパンストのようですが、脚が太いと引っ張られて、色が明るく見えます。おのずと細ければ、その逆で暗く見えます。


Aashithca-1013.jpg
左の女優さんは、ほかの人よりかなり背が高いので脚が長く見えます。けっしてパンスト効果ではありません。それにしても左のお二人。こんな靴はご年配しか穿きません。にもかかわらず、黒ストでここまできれいなのは、地が美しいからだと思います。
三人目のかたもローヒールにもかかわらず、すらりと美脚です。

Aashithca-1026.jpg
靴は揃っているのに、広角撮りのため統一感がありません。立体的に足を長く見せる撮影手法は複数人では脚がそれぞれバラバラに写るので比較には使えません。背景の座席も歪んでいます。パンストの色、濃淡だけご覧になってください。

Aashithca-1132.jpg
こちらも靴は揃っていていいのですが、下だけ見ると、CAというより冠婚葬祭のスタッフさんのようです。中側の二人は背も低く、脚も短めなので、パンストがだぶついて、タイツのように見えます。


Aashithca-1422.jpg
この東京熱CAシリーズ大別四作品のなかでは、最も新しいからなのか、靴も揃っているし、四人ともバランスがとれていると思います。
この四枚のなかでは、一番比較しやすいのではないでしょうか。脚のオーディションをしたかのようにしっかりシンクロしているので、かなり統一感がでています。
さて、ここで問題。四枚各四名中、違う種類のパンストを穿いている娘がいます。何枚目のどの娘でしょう。


では改めまして、最後に「黒ストを極める」の四つ目です。どうでしょう。並べてないので比較はできませんが、発色が他と全く違います。
今までにない透明感は、ナマ脚に薄めた墨をスプレーしたように淡く、見た目も最も綺麗だと思います。フォトではわかりませんが、ギラギラしない光沢があります。
DVB3045.jpg
DVB4041.jpg
 黒ストを極めるために新たに揃えた四枚目を紹介するまえに、約一名の熱烈な黒ストフェチさんのために、前回につづきバックシームパンストをもう少しお見せします。
わたしは、‘奇跡の一枚’的に偶然撮れたようなフォトを貼るのは好みません。拡大しても、ショーホよりも大きくならない画像もイライラします。小さすぎて、粗探しすら出来ない。
あまりにも遠すぎる被写体は、きっとスネ毛処理が甘くても、もっと言えばボウボウでも判らないことでしょう。
今回も「なんか見た目が男っぽいな」っという不満から、コンスタントに安定して‘男’が覘かない女装を目指し、純女でも穿き熟しが難しい、黒ストに挑戦してきました。
そしてまたしても後ろ姿。実は「後ろ姿を極める」につづきます。
やはり黒ストでの後ろ姿は女装難度最高。しかもバックシームつきは、黒ストのなかでも最も難しいと思います。
DVB4048.jpg
しかも半ケツ。こうなるとスカートの丈なんて全く関係ありません。

DVB4164.jpg
そもそもスカートの丈の長短をいちいち意識する女装っ子さんって存在するんですかねぇ?
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 ペニスをもった美脚 all rights reserved.
プロフィール

SAKURANBOO

Author:SAKURANBOO
幼少期から女性の脚をこよなく愛し
時代、々の脚を追い続けてきました。
そして「美しい脚が欲しい」と想い続けて
自分の中に美脚を持つまでになったフェチの変遷です。
ペニスがあるのに女性の脚。
まさにペニスをもった美脚。
フェミニンで大人の脚をどうぞ見てください。

最新記事
アルバム

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

せっかくお申し出いただきましても指向の違うかたやブロとも一覧の表示のないかたは、現在もれなくお断りさせていただいております。 辞退のご通知もできませんので、あらかじめご了承ください。

この人とブロともになる

QRコード

QR