FC2ブログ
脚フェチの変遷
DVH3102.jpg

 難易度の高い肌着レベルの女装のなかから、より着こなしが難しいハイレグを選んだのは、やはりこのスタイルが自分のなかでは一番好きだからだと思います。
ハイレグといえばレースクイーン。光沢パンストとピンヒールは例外なくセットで、いい女の条件でもあります。
いい女でなくしても、レースクイーンの格好をしたとたん、少々のブスでもチビでもおデブでも結構キレイに見えるもので、短足でも光沢があるパンストにハイレグとハイヒールの効果によって、脚長に変身することができます。
もちろん普段にレースクイーンの格好で街を歩けませんが、この効果は純女にとって‘恰好’の‘格好’となるわけです。じゃあこの効果を使わない手はありませんよね。男にだって着こなしが難しいにしても、うまくすればけっして男子レスリング選手にはならないはず。長年レースクイーン女装をしてきた結論です。

さて前回のつづきのような記事になりますが、肌着レベル女装の‘イチモツ’の扱いかたは、前回のお話しのとおりです。男にあるものをないように見せるのが女装。逆に男にないものとして、お乳となりますが、胸についてはドーピング的な‘冗談話し’をしたままです。
純男なら全くお乳がないのが現実。薬や手術に頼らずに、女の胸があるかのように作り上げるのが本当の女装です。
もっとも時おり女装を楽しむ純男のからだに‘女の胸’は必要ないことでしょうし、もし‘持つ’とするなら社会生活を送る上で、非常に邪魔な存在となるでしょう。正常男子としての生活を犠牲にしてまでも、自らのからだに本当に女性の胸がほしいのは、心底、身もこころも女性になって生活したい、女装とは無縁の人たちなのではないでしょうか。ではなぜ無縁なのか?
最近、最終的には声帯まで‘工事’して女になったタレントのバカ、いや反対だ、カ〇ちゃんを見ていてつくづく思いました。手術まえは女装(異装)。術後は‘正装’。性転換でも女は女。女が女の格好するのは、あたりまえで女装とは言いません。このことはニューハーフさんにもあてはまりますよね。彼女たちは工事(性転換)していなくてもこころが‘女’ですから。
自称女装愛好家のミッ〇さんも普段から女性の格好で、女性として日常を過ごしているわけですから女装ではありません。
それよりなにより‘愛好家’ってなに?わたしには、単なる‘カマ’としか思えません。

錯乱妄の胸はブラをつけるときには、恥丘パットと同じプラスティック素材のお椀型パットをブラに挟みこみます。人に触られたり揉まれたりすることはないので、少し硬いですが、これで十分。強く押し付けると凹みますが、程よい硬さはブラを持ち上げて、隙間を上手く埋めてくれます。
フォトのような生地にひびかないよう胸を作る場合は、以前にも少し触れた、市販の豊胸メーカーを使っています。吸盤のように胸に張りつけて吸いとるようにすると貧乳でも乳を引っ張り上げて、使い続けるとやがてはお乳が大きくなるという代物です。あくまでも純女用ですが、長く貼ったままでいると男の胸でも、はがしたあと、しばらくプックりしています。もとに戻らなきゃどうしようって、慌てます。これなら女装用の義乳と違って、変に取ってつけたような乳首がないので、自然な純女の胸の膨らみが再現できます。
ここが乳首です!ってノーブラで近所を歩いているのは夏場の老婆のみ。老婆には普通のことでしょうが、街にはそんな、これ見よがしの純女はいません。ブラが透けるようなトップスならヌーブラでもするでしょうし、ノーブラならニップレスくらいはするでしょう。
痴女でもパンスケでもあるまいし、あくまでも再現自体は‘普通女子’になることがモットーです。
そしてその見た目は普通女子に、それこそこれ見よがしのペニス。あるはずのないモノがアル。このギャップを楽しんでいただくのが、当ブログの主旨でもあります。

ブログタイトルに惹かれて、覗きに行ったら‘看板に偽り有り’がとても多く感じます。そんなブログは開いた瞬間、即閉じます。
みなさんもそうではありませんか?ましてや、過去記事までさかのぼって見ることなんて滅多とないのではありませんか?
なので一番最新の‘ホーム’の記事では、以前お話し、したことと同じ部分があります。これは通りすがりのビジターさん用、目的でもあります。

ここまで読み進めて下さった常連さんもなかなか少ないと思いますが、いつもありがとうございます。
ここでやっと、いつもどおりのペニスをご覧いただきます。(とはいえ、ボカシは入ってますが)
前回も前々回もノーペニスでしたから、‘看板に偽り有り’と言われそうです。美脚はどこ?と?…
コレ…。日々、努力しておりますので、贔屓目に見てやってくださいな。
DVH3049C.jpg
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

DVD00014.jpg
 ノーホルモン、ノーシリコン、ノーメス。もちろん画像の圧縮、切り取り一切なし。
ここまで肌(からだ)を晒すと、まったく地金(男子)が見えてくるものです。他にはオールヌードのフォトもありますが、さすがに豊胸手術も施していないので、まんま‘男’ではいただけません。
ってか、お見せできません。でもお乳はキレイなんですよ!ピンクに近いです。
わたしはどこまでいっても女好き。性対象は女性なので豊胸なんて未来永劫するようなことはありませんが、もしもホルモンとかでなくて、一時的(一定時間)に胸が膨らむような薬のようなものがあるのなら、一度は試してみたいものです。だって絶対、美乳になりますから、わたし。

こう見えても、骨格はしっかり。結構、骨太です。肩巾も標準以上。じゃあなんで並に見えるか?うしろ方向におもいっきり引いているからなんです。遠近法の錯覚効果ですネ。
横から見ると、反り返ってる感じです。おとこはおとこなりに工夫しなければ、パーツの大きさの違いで純女には見えません。
純女に近ずこうとして、女性がするのと同じようなポーズをとりがちですが、かえって逆効果。わたしのポーズのバリエーションが少ない理由です。たとえば足を前に出せば、足は当然ながら大きく写る。肩を引くのと逆のことをするのですから、大きく見えるのは当然ですよね。
顔より前に出した腕は決して女の腕には見えません。

骨太のわたしでも、奇跡的に足首は細いです。脂肪分も少ないので脚に関しては全体的に細く見えるかもしれません。
その昔、わたしより圧倒的に足首が太い彼女がいました。脚は少し太めが好みなので、やはり最初、お顔より先にその脚に惹かれたのですが、実際その娘の脚はお肉で太いのでなく、骨自体が太かったのです。足首は細いに越したことはありませんが、骨が太けりゃどうしようもありません。なんか自分より骨太の女ってどうなの?ってよく思ったものです。手首はあたりまえに細くてキレイだったんですけどねぇ。
そんなことから男の自分よりも骨が太い純女がこの世に存在することを身を以って知ったわけですが、いまだ直に出会ったことのないのが、手首より足首のほうが細い‘人間’。
人体の構造上あり得ないと思うのですが最近よく見かけるんですよね。足首が極端に細くてバットみたいな脚。やっぱり削ってるんでしょうか?きっと手首を削ることまで、頭が回らなかったんでしょうネ。どう見たって足首<手首なんですけど。

無いモノを在るようにするのが女装です。たとえば男には持ち得ない、胸。お尻。そして色気。逆に在るものを無いようにするのも女装です。
なんか、「あるとき~ないとき~」の肉まんのCMのようですが、あっては困る冒頭の広い肩巾、腕の太さや、大きな手足。筋肉のゴツゴツ感はないようにしなくてはなりません。
加えて下着や水着、レオタなどの肌着レベルの女装で厄介なのが「イチモツ」。伸び縮みしますし、小さいときでもキンタマとともにモッコりします。スキャンティなら、はみ出してしまい穿いてないのと変わらなくなります。錯乱妄はよくチンコを露出してますが、隠すときにはしっかり隠す!
上のフォトでまさかチンコを挟んでいるようには見えないはずです。
これって以外と簡単なんですよ。ショーツの生地がしっかりしていて収縮性があるものなら、うしろに回したチンコをしっかりホールドしてくれます。
逆に難しいのが、レース素材や伸びる生地。チンコをうしろに回しても、前に戻ろうとして垂れ下がってしまいます。
ということで肌着レベル女装の舞台裏をお見せします。
DVH2029.jpg
前回の「ハイレグを極める」では、あえてサポータを使用しませんでした。代わりに使ったのは「美恥丘パット陰毛なし」。これによって純女のモリマンを再現するとともに、うしろ回しのチンコをしっかりホールドしています。これで股間はスッキり、疑問もスッキりですね。
DVH3036.jpg
 以前からお話ししていますが、女装の究極と言えば、水着や下着などのからだを覆う面積の少ないものを着用することです。布の面積が小さければ小さいほど‘地’である‘男性体’が出てきて、ヘタをすれば、露出症の変態オヤジになってしまいます。
たとえ腹がでないワンピであっても、ハイレグや競泳水着は難易度満点。腕と脚の丸出しは、もれなく男子レスリング選手と化します。形状上、肩ひもの部分はランニングシャツ(死語?)と同じ。今ではタンクトップとおしゃれな呼びかたになったとしても「ぼ、ぼ、ぼ、僕はおむすびが好きなんだなあ」の大将とか「月々たったの、月々たったの、々、三千円でハイレグ!」の某衛星チャンネルのCMを連想することに変わりません。
ハイレグはこれまで何度か挑戦していますが、今回はその肩紐さえないチューブトップのモノキニでチャレンジ。太い腕と広い肩は隠しようがありません。背中も男を消せないものです。なので後ろ姿はお見せ出来ませんが、初のモノキニを以って「ハイレグを極める」とさせてください。

DVH2002.jpg
そしてこちらは、いつものハイレグ。パラソルは新調しました。
パンストも変えましたが、ウエスト部分の切り替えで、脚が短く見えます。
くびれもイマイチ。やはり怠けるとダメですね。こうして明らかに画像に現れます。

DVH1064.jpg
それとこちらもいつものハイレグ。上の二つはレースクイーンですが、これはアダルトのフェチ物によくある、取ってつけたような黒スト穿き。パンストは同じで色違い。やはり黒ストはゴツゴツ感が出ます。





// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 ペニスをもった美脚 all rights reserved.
プロフィール

SAKURANBOO

Author:SAKURANBOO
幼少期から女性の脚をこよなく愛し
時代、々の脚を追い続けてきました。
そして「美しい脚が欲しい」と想い続けて
自分の中に美脚を持つまでになったフェチの変遷です。
ペニスがあるのに女性の脚。
まさにペニスをもった美脚。
フェミニンで大人の脚をどうぞ見てください。

最新記事
アルバム

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

せっかくお申し出いただきましても指向の違うかたやブロとも一覧の表示のないかたは、現在もれなくお断りさせていただいております。 辞退のご通知もできませんので、あらかじめご了承ください。

この人とブロともになる

QRコード

QR