FC2ブログ
脚フェチの変遷
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Aashi359612Rafael.jpg
 プラチノを着用したメーカー側の画像が見当たりません。商品も希薄(売り切れ?)だし広告的な画像もない。宣伝もせず、売れなくてもいいのか売る気がないのか、まったく企業の体質を疑いたくなります。これだけパンスト離れが進んだ昨今。飛ぶように売れて、製造が追いつかないわけでもあるまいし。これがスペイン的なんですかねぇ?それに反してラファエルさん。同じ欧州であってもこの画像のような素敵な画像や肝心の商品も豊富に存在しています。かれこれ二十余年もまえのパンストを特集した各婦人誌でも常に取り上げられていました。オイルで濡れたような光沢はブライト糸を使ったサポート系のストッキングとはまた違った‘照り’があります。この照りは細い線となり、その表情はプラチノと同じく、日本製ストッキングにはない独特の雰囲気を醸し出します。これはおそらくストッキング本来の特徴を引き継いでいるものだと思います。化繊のない時代、もともとストッキングは絹で出来ていてシルクの艶がありました。ナイロンの発明からストッキングの材料に使われ、艶と耐久性が大幅に上がり、以来ナイロン糸のみで造られたシーム付ガーターストッキングとして永らく存在していたわけです。このころのストッキングの特徴を継承するのがこれらのものではないでしょうか。画像はセビラですが、硬くて伸びない生地で風合いまで引き継いだと思わせるのがビドリオです。

DVP00158.jpg
前回に引き続きフォトはプラチノコンフォート15になります。なんとか独特の‘照り’が分かるフォトですが、いずれにしても同じプラチノのクリーンカットやラファエルの照りとは比較にならないほど控えめです。この控えめこそが、まだなんとか穿き熟せるレベルです。
Aashi1007hoof.jpg 冒頭のラファエルの画像の脚のようなかたならともかく、衣装すら合わせることが難しいクリーンカットやセビラは脚の上級者向け。純女であっても、脚相が男形ならまったくNGになってしまいます。
特に黒を穿くともなると、まるで馬。パンティーホースのホース意味が‘管’でなくて‘馬’になります。
しかも実物の馬は画像よりも、もっとテカッてて、細い線の照りも同じよう。
なんと蹄(ひづめ)までが厚底ヒールに見えてくるのはわたしだけでしょうか。
実は厚底ヒールもミスマッチ。ガーターストッキングの延長なので、華奢なピンヒールしか融合しません。
衣裳もヒールも選ぶストッキング。難易度もナンバーワンになるものも、きっと他にないでしょう。

この‘非日常的’さで普段、街で見かけることはまずありませんし、とってつけたような女装は好みませんが、いつかはこの難関に挑戦してみたいと思います。


それと、またまたコメントにお応えするフォトを一枚。「舐めたい」って仰るので(笑)
誌上まな板ショーみたいですね、タツヤさん。いつも乗って下さってありがとうございます。
DVN00169C.jpg
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

出遅れました~
あき様、こだわりのパンスト画像 ありがとうございます
確かに、国産と較べて、外国のパンストって、照りがありますよね~
日本の技術力からすれば、どんなパンストでも作ることができるんでしょうが、きっとデザイナーさんの趣味と言うか、感性の差なんでしょうかね?
いかに足を美しく魅せることができるか?
生足をさらに美しく、素材の魅力を引き出すために、ってコンセプトを、デザイナーさんにお願いしたいですね

あき様、わざわざ引っ張り出して舐めやすくしてくださってありがとう。
では、お言葉に甘えて、タマタマからペロペロっと!
[2015/09/14 Mon] URL // タツヤ #/mI.q96s [ 編集 ] @
純女は好まない
 照らったパンストは、きっと日本の純女は好まないからでしょう。
いかにも‘穿いてますよ!’的なパンストは国内で流行りません。
日本の普通の純女がしないことは、あきもしません。
なので今回のプラチノは特別。あくまでも、いい‘女’の再現に拘ります。
丸の内のOLがみんな脚を照らしていたら、あきも絶対、グロス穿きます。
[2015/09/16 Wed] URL // 錯乱妄 #- [ 編集 ] @

管理者にだけ表示を許可する
http://sakuranboo138.blog.fc2.com/tb.php/274-823c28a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2018 ペニスをもった美脚 all rights reserved.
プロフィール

SAKURANBOO

Author:SAKURANBOO
幼少期から女性の脚をこよなく愛し
時代、々の脚を追い続けてきました。
そして「美しい脚が欲しい」と想い続けて
自分の中に美脚を持つまでになったフェチの変遷です。
ペニスがあるのに女性の脚。
まさにペニスをもった美脚。
フェミニンで大人の脚をどうぞ見てください。

最新記事
アルバム

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

せっかくお申し出いただきましても指向の違うかたやブロとも一覧の表示のないかたは、現在もれなくお断りさせていただいております。 辞退のご通知もできませんので、あらかじめご了承ください。

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。