FC2ブログ
脚フェチの変遷
 いつの世も、どの世界にも必ずテッペンというものが存在します。それは競って決めることもあ
れば、選ばれて決めることもあります。去年もいろんな多くのテッペンが決まりましたね。
Aashi Baitong to be cont Enter たとえばスポーツの世界だと、大きいところで四年に一度の金メダル。競技別に多くのテッペンが生まれました。
政治では東京のテッペンに女性が選ばれたり、海外では素人のような人が二つの国でテッペンになったりもしています。
美女のテッペンにしても「ミスなんとか」で、世界的に大きい規模のミスコンで世界のテッペンが決まっています。
では、‘オカマ’のテッペンはどうでしょう。わたしの知るところではミスインターナショナルクイーンコンテストで、まだタイだけになるでしょうか。なぜタイなのか。おそらく国をあげてのオカマ生産国であったが故なのでしょう。数年前、我が日本からも愛ちゃんが出場し見事テッペンを取っています。
‘オカマ’と言われ続けた彼女たちのレベルもグンと向上し、同時にどんどん知名度、認知度もあがってきているので、近い将来もっとメジャーになってコンテストなども盛んになってくるのだと思います。
そして最近の彼女たちの増殖には驚くべきものがあります。日本のオカマを集めたサイトSHEMALE JAPANだけを取って見ても新人が続々誕生しているので変わり映えしなかった顔ぶれにも急速に初々しさが増しています。
レディボーイ、ミスターレディ、ニューハーフ、シーメール。呼び方はそれぞれあっても、ぜったい元男性。もしくは現男性。こんな人が世界中にゴマンといることを最近あるサイトで知りました。白、黒、黄色。全色人種ですから何千人にもなります。全身整形バリバリのプロからクロスドレッサーレベルの素人まで、汚いのもたくさんいる中の全世界の‘おとこ女’です。もし仮にこんな中からテッペンを決めようと思うと、人数も多いし大変な作業になると思います。
そんな大変な作業を日々、彼女たちをたくさん見続けている錯乱妄が、独自の基準をもとに独断と偏見で2016年のテッペンを決めました。左の娘。何千人中のひとりです。

テッペン決めの絶対条件としては脚がきれいなこと。っというか、脚に絶体、男が出ていないこと。これのみです。お顔がキレイに越したことはありませんが、まずみなさん、元が分からないくらいの厚化粧か整形。お顔で騙されても、脚がマンマ男なら見た瞬間、萎えてしまいます。なのでお顔は絶対条件に含みません。ただし、いろんな施しを以ってしても見るに堪えない女装子レベルは論外です。
ここから先、詳しくは「続きを読む」になります。上の参考画像をクリックでお進みください。
この画像は動画のワンシーンです。今回は動画つき。動画なので紛れもない真実の彼女です。お顔ももちろん無修正。きっとみなさんにも納得いただけると思います。
※「続きを読む」の画像、動画は期間限定です。以前にもお伝えしましたが、人のフンドシで相撲はとりたくありませんので近日中に削除します。
AashiAzusaYuzuki1280.jpg
この娘の脚も好きですねぇ。お顔は少し残念ですが、これくらいの女子っていますよね。でも横顔はとても美しいんですよ。雰囲気もポッチャり感もまるで女性です。お腹が出てるくらいが素敵。なんで拾ってきた画像を、わざわざ圧縮したり削ったりするんでしょうねぇ?真実を伝えてもらいたいものです。

最後に自前のフンドシです。修正、偽造が横行しているので、また明記しなくてはいけません。

 当方、画像を伸ばしたり、縮めたり、削ったりの、紛らわしい

 修正、偽造は一切、行っておりません。   管理人敬白


DVQ00006.jpg
 前回、勃起角度20代のペニスをお見せしましたが、真正面からでは、真上にでも勃起しなければ、どれだけ大きくなっているのかわかりません。まるでジャンボジェットを真ん前から見るようなものです。機首のデカいカリのせいで、後につづく長い胴体も全く見えません。なので、今回は持ち上げてみました。
続きを読む
 最近なくなってしまって残念なのが、芸能人のかくし芸大会。正月と言えばかくし芸と言うくらい毎年新年の楽しみにしていたテレビ番組のひとつです。
芸能人といっても、大半が歌手。歌手が俳優としてドラマで主役を張ったり、バラエティでコントをあたりまえに披露する近年と違い、その昔は歌を唄うこと以外の‘芸’を見ることはまずありませんでした。それが‘かくし芸’という形でいろいろ見れたのですから、年末の紅白と並ぶほど話題性もあり、全盛期には長い収録を一部、二部と二日に分けて放映されたものです。
やはり普段とちがう姿は新たな発見もあり新鮮です。ときには感動的なラッキーもあります。
忘れもしないのが42年前の、やはり歌手の梓〇ちよさん。演目は「剣の舞」。真剣を振り回しての踊りは、まさに‘真剣’そのもの。素晴らしいかくし‘芸’でした。
そしてその芸よりまして素晴らしかったのが、彼女の体。とくに‘脚’。こんな感じで丸出しでした。
42年前のフェチ少年の脳裏に焼き付いた映像をポールダンスという形で再現してみました。

普段では絶体見れない芸能人の努力の姿が、かくし芸大会にはありました。普段純男の錯乱妄も一切ごまかしナシの高い露出度で最大限の努力をしました。
DVI00165.jpg


ポールってチンコのことですから男のもの。なのでこれがほんとの女装でポールダンスです。
DVI00018.jpg

そして正月といえば普段めったと見なくても年始から必ず登場していた国民的大道芸人。
前回、パロってましたが、袴姿で番傘を回すご兄弟です。「オメデトウございます!いつもより余計に回してます。」〇之助〇太郎。このお二人を見るだけで、お正月気分になったものです。

動画なら振り回したかもしれません。あきは静止画なので、「余計に勃たせてます」ホントは余計ではないのですが・・・。力を込めて20代の角度を維持しています。これもひとつの努力。でもなんで女の又に力なんでしょうね?
DVQ00032.jpg
 年明けからもう三日。明日の初出に備え、旅行や帰省先からお帰りになったばかりのかたも多いのではないでしょうか。新年三日目にして今年最初の記事になります。
慣例のごとく旧年最後のフォトからのつづきになります。フォトが変わってないと思って、スルーするかたもいらっしゃるでしょうが、まずは新年のご挨拶から。
なお、このフォトはお年賀なので、お正月が終わるころには、通常フォトに入れ替えます。こちらも慣例です。
DVQ01011.jpg
以上、本年もよろしくお願いします。で、ここまではノンアダルトでも使えそうなお話。
それではつまらないですよね。いつものようにエロエロしく、まずは「ペニスをもった美脚」のタイトルに、そぐうように脚出し、ペニス出しで。
ごあいさつは謙虚に控えめペニスです。けっして疲れているわけではありません。
「出しましておめでとうございます。」え?もっと隆々しいチンコが見たい?ではお楽しみに。
次回「おめでとうございます!いつもより余分に勃たせています!」by桜桃女之助&桜桃女太郎。
(オトメノスケオトメタロウ)
DVQ00059.jpg


さて、昨年末に予告した、創作女装。「それってなんぞや?」という感じだと思いますが、けっしてアイコラや画像合成することではありません。まずは元画像のフォトをご覧ください。勿論無修正。
DVI00068C.jpg
お正月らしく、かくし芸としました。なにをしてるところかお分かりでしょうか?‘棒’を使うものです。
DVI00056.jpg
厚底ハイヒール第二弾。やはり衣装に合わせました。こんなヒール、普通はキャバ嬢かストリッパーしか履きません。
 とうとう年の瀬を迎えることになりました。一年なんて、あっという間。歳のせいか年々、一年一年過ぎるのが早く感じるようになりました。これは、子供の頃に比べると見聞(ケンブン)が少なくなっているからだそうです。
話は少しそれますが、思えばエロモノにしても見るもの聞くもの新鮮で、その大量の情報はたとえ些細なものでも少年だった時のわたしにとっては、十分チンコを勃たせる材料(オカズ)でした。年齢とともにどんどん新しい情報が次から次に手に入るようになり、平パンや週プレからビニ本がウラ本になり、瞬く間に裏ビデオ。大半がお顔が残念な娘が出演していたのがAV流出を経て最終的には、裏モノDVDなんかで超美人のノーカットがネットで無尽蔵に見れる時代が来るわけですから、もうこれ以上はないって感じですね。スエーデンやデンマークを羨んだのが、懐かしいです。
まさかの日本もこんなふうになっているわけですから未来もわかりません。欧米ではノーブラスケ乳やノーパンが公の場でも通るくらいになったわけですから倫理観もかわり、性器を平気で露出する時代が来ないとは言い切れないと思います。まあ可能性は果てしなくゼロに近いでしょうが!
そんな空想世界を再現したいと思います。まずは年末のご挨拶から。今年も結構、毒づいたので最後に〇¬ペコリ。
DVQ01055C.jpg
そして錯乱妄もまさかの厚底ハイヒール。厚底なんて一生、履くことはないと思ってましたが、やはりそこは時代の流れ。それにヒールも服装やTPOに合わすというのが、純女の常識。すなわち‘女創’の常識。
赤絨毯の上に立つ。セレブや女優たちはみなさんロングドレス。深いスリットから覗く足元は決まってナマ足にレッドソール。
レッドカーペット。こちらも年末の風物詩でもありますね。勝手にこの一年の功績を讃えて、ひとり芝居ならぬひとり授賞式。
 ~みなさん今年もご覧いただきありがとうございました。来年もよろしくお付き合いください。~
年始は出来る限り早くお目にかけたいと思います。
DVW00086C.jpg
 巷の赤い衣装のイベントもようやく終わり、ホッとするところです。かぼちゃのイベントが直前にあったせいか今年の騒ぎは例年より少なく、コスプレも減ったように思えます。
それよりもP太郎氏の勢いが止まりません。先日も全話高視聴率を叩き出したテレビドラマの最終回の最後の最後にも顔を出すほど。CMも含め、彼をテレビで見ない日はありません。
そしてあのゴールデンパイソン柄のコスプレができる「なりきりP太郎」グッズなんかも何種類か発売されているようです。まあどれほど売れているのかは知りませんが、結構うまくできているので、P太郎氏になりきりたいというユーザーにはもってこいでしょう。
来年も引き続きブームはつづくでしょうが、錯乱妄も今年のうちにとり入れようと思います。
とは言え、‘男’である彼になりきるつもりはありません。錯乱妄のPPAP。遅まきながら赤い衣装で。
DVW00093C.jpg
♪アイハヴ ア ペニス。アイハヴ ア アナル。(ホントはaでなくanですよね)アゥン!
~(省略)~ペニス・パンスト・アナル・ペニス!
やっぱりタイトミニはパンストがテッパンでしょう!足軽か飛脚じゃあるまいし。どう見ても。

近頃、‘なりきり’ってよく耳(目)にします。このP太郎グッズのように同じ衣装や格好で特定の人物に変身したり、ものまねすることが‘なりきり’だと思うのですが、なんだか婦人物を着ただけで‘なりきり’と騙る、なりきり詐欺とでも言いたくなるようなものが出没しています。
単純に単なる女装だとしか思えないのですが。どうなんでしょう。
では、改めて前回までの錯乱妄はあつかましくも誰になりきっていたのか。
AashiStorryEmiri Miyasaka144
わたしの愛読書でもある、婦人誌のS誌の専属モデル宮〇絵美里さん。モデルと言えども’09ミスユニバース日本代表の彼女は同じモデルの‘エビ・もえ’を以ってしても敵いません。
こんな足元にも足の爪の垢にも及ばない日本一の純女になってみたい錯乱妄は、ハイ、ごめんなさい。頭が沸いています。しかもチンコ出し。
当ブログに興味のないかたはご覧になっていないはずなので、ご迷惑ではありませんよね。
年内最後のなりきりを好き勝手やらせてもらってます。
DVE00174.jpg
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 ペニスをもった美脚 all rights reserved.
プロフィール

SAKURANBOO

Author:SAKURANBOO
幼少期から女性の脚をこよなく愛し
時代、々の脚を追い続けてきました。
そして「美しい脚が欲しい」と想い続けて
自分の中に美脚を持つまでになったフェチの変遷です。
ペニスがあるのに女性の脚。
まさにペニスをもった美脚。
フェミニンで大人の脚をどうぞ見てください。

最新記事
アルバム

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター

ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

せっかくお申し出いただきましても指向の違うかたやブロとも一覧の表示のないかたは、現在もれなくお断りさせていただいております。 辞退のご通知もできませんので、あらかじめご了承ください。

この人とブロともになる

QRコード

QR